【TOMORUBA】地域社会×デジタルで、新たな未来をデザインする――NTT東日本デジタルデザイン部の共創プロジェクトが始動

  • TOMORUBA
  • デジタルデザイン部
  • 外部記事

関東・甲信越から、東北、北海道まで、日本列島の東半分のエリアで事業を展開しているNTT東日本(東日本電信電話株式会社)。各県に合計29の支店を持つほか、4社の地域子会社とその支店など、東日本各地にくまなく事業の網を張り巡らせ、地域に根付いた事業活動をおこなっている。

そのNTT東日本で、2019年7月から新しく組織されたのが、デジタル革新本部内に設置された「デジタルデザイン部」だ。デジタルトランスフォーメーションによってNTT東日本内部での革新を進め、新たな事業の柱を打ち立て、それをもって地域社会の活性化や地方創生に資することをビジョンとしている。

同部では、これまで同社が築きあげてきた通信ネットワークビジネスのエコシステムとはまったく異なる、革新的な「DXビジネスエコシステム」を構築し、地域社会の未来を創るべく「NTT EAST DIGITAL DESIGN PROJECT」と題した取り組みを開始した。――その詳しい背景・目的や、共創したいパートナー企業像などについて、デジタルデザイン部の3名に話をうかがった。

–続きはこちら(外部サイトにリンクします)–

記事のタイトルとURLをコピーする