【TOMORUBA】NTT東日本のデジタル組織の”今”に迫る―技術シーズを起点にドメインを跨いだ価値提供へ。

  • TOMORUBA
  • デジタルデザイン部
  • マイバトラー
  • 外部記事
  • 宇宙IoT

1999年、NTTの組織再編に伴い誕生したNTT東日本(東日本電信電話株式会社)は、北海道、東北、関東・甲信越と日本の東半分のエリアをカバーする国内最大手の電気通信事業者として、地域に根差した幅広い事業を展開している。

2019年7月、同社のデジタル革新本部内に誕生した「デジタルデザイン部」は、デジタルトランスフォーメーションによってNTT東日本内部での革新を進め、新たな事業の柱を構築することで、地域社会の活性化や地方創生に資することをビジョンとする新組織だ。

そんなデジタルデザイン部は、設立からわずか1年半足らずでAIやIoT技術を活用してお客様ニーズを解決しながら、宇宙IoTやSaaS活用といった多様なシーズ発信のイノベーションを生み出しつつあるという。今回はデジタルデザイン部の取り組みや共創事例、設立から現在までの組織としての進化・変化に加え、イノベーションを生み出すための組織形成や人材育成のポイントなどについて、同部の3名にお話をうかがった。

記事のタイトルとURLをコピーする
【NewsPicks】【DX推進のリアル】「3万8000人」の“本音”を武器に、大企業は変われるか
NewsPicks デジタルデザイン部 マイバトラー 外部記事
【NTT技術ジャーナル】ニューノーマル時代におけるマイバトラー誕生秘話
NTT技術ジャーナル デジタルデザイン部 マイバトラー 外部記事