慶應義塾大学とNTT東日本、宇宙IoTとシステム×デザイン思考で新型コロナウイルス禍の地域活性化につながる社会課題解決を目指す共同研究を開始|2020/5/11発表|ニュースリリース

  • お知らせ
  • ニュースリリース

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(以下、慶應SDM)(横浜市港北区 研究科委員長:西村秀和)と東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上福造)は、新型コロナウイルスの影響による社会変化を見据えた地域活性化のために、宇宙IoTとシステム×デザイン思考を用いた社会課題解決を目指す共同研究を開始しました。

 

-NTT東日本公式HPへリンクします-

記事のタイトルとURLをコピーする