【businessnetwork.jp】NTT東と慶應SDMが宇宙IoTで協力 システム×デザイン思考でコロナ後にDX

  • 外部記事
  • 宇宙IoT

0から1を産み出すデザイン思考と、1から100を産み出すシステム思考。両者と宇宙IoTを組み合わせることで、様々な課題解決が可能だ。NTT東日本と慶應SDMは協力して、アフターコロナでのDXを目指す。

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(慶應SDM)とNTT東日本は2020年5月11日、宇宙IoTとシステム×デザイン思考を用いた社会課題解決を目指す共同研究を開始したと発表した。NTT東日本が持つデジタル技術や社会インフラと、慶應SDMで研究として扱っているシステム思考とデザイン思考、宇宙IoTを用いた社会課題解決への知見を組み合わせる。


–続きはこちら(外部サイトにリンクします)–
記事のタイトルとURLをコピーする