【導入事例】NTT東日本がHPE ProLiant DL380 Gen10サーバーとHPE 3PAR StoreServストレージを採用しRed Hat® OpenShift®で「映像AI解析プラットフォーム」を新たに構築

  • AI
  • 外部記事
  • 導入事例

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)ではAIによる映像解析サービスの提供を通じて市場に多様なニーズがあることを把握し、そのビジネスの可能性を確信してサービスプラットフォームとなる「映像AI解析プラットフォーム」の構築および商用化を進めている。2022年には国内に500万台以上のIPカメラが稼働すると見られている成長市場に向けて、高い性能を効率よく実現するHPEの「HPE ProLiant DL380 Gen10サーバー」と「HPE 3PAR StoreServストレージ」、そしてレッドハットの「Red Hat OpenShift」が映像AI解析プラットフォームに採用された

 

–続きはこちら(外部サイトにリンクします)–

記事のタイトルとURLをコピーする
【NTT技術ジャーナル】通信ビルエッジを活用したGPU・データレイクの技術開発
AI GPU NTT技術ジャーナル データレイク 外部記事