【まなび箱】今さら聞けない「ローカル5Gってなに?」

  • まなび箱
  • ローカル5G
  • 技術解説

「ローカル5G」とは?──「5G」との違いや活用例を紹介

次世代の通信規格である「5G(第5世代移動通信システム)」の商用サービスが、2020年の3月より国内でもスタートしました。一方、「ローカル5G」と呼ばれるネットワークの運用も進んでいます。5Gとローカル5Gは、何が違うのか。どのようなシーンで活用できるのか。ローカル5Gの特徴や導入するメリットなどを紹介します。

ローカル5Gと5Gの違い

5Gは通信事業者が全国に展開する通信サービスであるのに対し、ローカル5Gは限られた地域での使用を目的とし、特定の建物や敷地、企業、工場、自治体などで使われます。

ローカル5Gを利用したい事業者や自治体は総務省に申し込むことで、特定の周波数を割り当てられ、独自のネットワークとして構築から運用、利用まで行うことができます。

また、ローカル5GはWi-Fiのように携帯電話の利用に限らず、IoT機器などのデバイスに特化した設計ならびに構築が可能です。

通常の5Gで利用できる周波数帯は、3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯に割り当てられています。一方、ローカル5Gは「28.2GHz~28.3GHz」「4.6GHz~4.9GHz」「28.3GHz~29.1GH」と3つの周波数帯が割り当てられており、大手通信キャリア企業はもちろん、大手インターネット企業や大手メーカーが利用申請を行っています。(2021年3月現在)


「ローカル5G」のメリット・デメリットとは

ローカル5Gの特徴としては、まず「高速大容量」が挙げられます。前の通信規格である4Gと比べると通信速度は約20倍。これまではダウンロードに多くの時間がかかっていた大容量のファイルや動画などを、瞬時にダウンロードすることができます。

通信の遅延においても、4Gの10分1まで低減されます。「オンライン会議中に通信環境が不安定になり、スムーズにいかなかった」「オンラインで映画を楽しんでいたら、急に画面が止まった」「通信中にネットワークが重くなる」といった不安定な環境やストレスから解放されます。

ローカル5Gは高速大容量であることに加え、他のネットワークとは完全に区別されているため、遅延や不接続といったトラブルが生じることはほぼありません。

設計上はもちろん、パブリックのネットワークと区別されているため、セキュリティの安全性においても信頼が高いという大きなメリットがあります。外部からの不正アクセス対策にも有効です。

さらに、通信エリアを明確に区切ることができるため、高いセキュリティを実現します。移動中に自動で基地局を切り替える「ハンドオーバー」技術が備わっており、Wi-Fiよりも広い範囲でスムーズに通信を行うことが可能となります。

しかし、メリットの多いローカル5Gにもデメリットがあります。自営無線のため、利用を始めるには、国で指定された無線局免許の取得が必要であり、ネットワークの設計や構築の専門知識が必要とされるため、高額なコストがかかります。

また、28.2~28.3GHzの周波数帯が直線型の電波であるため、遮蔽物や障害物に弱いという懸念点もあります。


ローカル5Gの活用例

全国各地ではローカル5Gの実証実験が行われており、企業や自治体でも活用事例が挙がってきています。

建設現場では、ローカル5Gを導入して重機を遠隔操作したり、現場の様子を高精度なカメラで遠隔監視することに活用されています。物流倉庫では搬送ロボットの遠隔操作・監視、荷物にセンサーを配置し、物流を自動管理しています。

工場や医療現場、音楽やスポーツの映像配信などでの活用にも注目が集まっています。

【スマート工場】生産現場への導入でスマートファクトリーを実現

生産設備やラインの稼働状況、製品の品質チェックなどをアナログで行っている工場では、これまで作業時間や人件費といったコスト面に加え、現場作業者の経験やスキルに頼りがちという課題がありました。

ローカル5Gを導入し、IoT機器を導入することで、このような課題を解決し、現場コストを大きく削減することが可能となります。

例えば、設備監視においてはカメラもしくはセンサーを取付け、得たデータをローカル5Gで高速送信します。担当者は各現場に足を運ぶことなく、一定の場所でさまざまな現場の状況を把握することができます。

従来のネットワーク環境では難しかった大容量のデータを送信することも可能となります。それらのデータをAIを活用した監視システムを構築すれば、さらに精度は高まるでしょう。

このようにローカル5Gを導入すれば、人手不足の解消や人件費の削減、不良品率の低減を実現することができます。

工場内の有線ネットワークを無線化できることで、工場機材の運搬や配置変更もスムーズに行えます。頻繁にライン変更を行っている少量多品種製品を製造しているメーカーは、ローカル5Gを導入することで、より生産ラインの利便化が期待されます。

【遠隔医療】医師、看護師、患者の負担が軽減

多くの医療機関では、医師や看護師が病室や診察室で、一人ひとりの患者と対峙しながら体温や血圧のバイタルデータを実測しています。

しかし、ローカル5Gを導入することで、れまで無線では難しかった大容量で、高精細な撮影データや電子カルテも瞬時に送信することが可能となります。

また、バイタルデータのやり取りをネットワーク上で行えば、遠隔医療も可能となり、多くの患者を診療することもできます。同フローは病院に限らず、介護施設などでの利用も期待されています。


DX加速に期待されるローカル5Gの現状と可能性

Society5.0を支えるインフラとして、さまざまな分野で活用が期待されているローカル5G。

高速大容量、高信頼・低遅延、多数同時接続といった特徴を活かし、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」を実現するためのピースのひとつとしても注目されています。実際にデジタル改革を進める有力なツールとなり得ることは間違いありません。

また、河川の氾濫状況監視や、災害が起きた際の緊急時のネットワークとしての活用など、自治体への導入においても注目されています。地域独自の避難指示や交通状況といった特定の情報を「伝えたい」「知りたい」必要な人にだけ確実に届けることができます。

このようにローカル5Gは、民間企業から自治体まで、あらゆるシーンでの利活用が見込まれる、次世代のローカルネットワークなのです。


記事のタイトルとURLをコピーする
【まなび箱】今さら聞けない「ブロックチェーンってなに?」
ブロックチェーン まなび箱 技術解説
【まなび箱】今さら聞けない「IoTってなに?」
IoT まなび箱 技術解説