【PdM Voice】DX推進組織を立ち上げ、思い付きからのプロダクト開発に挑むNTT東日本のPdM

  • マイバトラー
  • 外部記事

今回は、NTT東日本 デジタルデザイン部の担当課長であり、人の作業を効率化するプロダクト『マイバトラー』のプロダクトマネージャーをされている下條 裕之さんに、仕事内容やキャリア、マイルールなどを伺った。

下條さんは新卒でNTT東日本に入社し法人営業部でのSE職からキャリアをスタートされ、スマートホーム分野の研究開発・商用サービス化を牽引されるなど様々なご経験をされた後に、2019年にDX推進組織を立ち上げられ、現在はデジタル技術戦略や人材育成、『マイバトラー』などのプロダクトマネージャーなどを担当されている。

自分たちが本当に欲しいと思えるものを作ることを大事にしながら、あえて従来のやり方と異なる「ビジョン思考」を用いてプロダクト開発に挑戦されたストーリーや、サンクコストに引っ張られずに勇気を持って原点に立ち戻ることを実践されている点、及川卓也さんの言葉もご紹介いただきながら語っていただいたプロダクト愛の大切さなど、大企業でプロダクトマネジメントに取り組む方にとっても気付きの多い内容である。
 

-続きはこちら(外部サイトにリンクします)-

記事のタイトルとURLをコピーする
【NewsPicks】【DX推進のリアル】「3万8000人」の“本音”を武器に、大企業は変われるか
NewsPicks デジタルデザイン部 マイバトラー 外部記事
【NTT技術ジャーナル】ニューノーマル時代におけるマイバトラー誕生秘話
NTT技術ジャーナル デジタルデザイン部 マイバトラー 外部記事