【TOMORUBA】【PARCO×NTT東日本】ファッション・エンタメとデジタル技術の融合が描き出す、次世代のトレンドの姿とは?

  • TOMORUBA
  • 外部記事
  • 対談

コロナ禍により、社会における消費のあり方は大きく変化した。ECやオンライン決済、デリバリーサービスなどのEコマースの需要が急速に高まり、いわゆる「巣ごもり消費」は増大した。社会全体で消費行動がデジタルシフトしたと言っても過言ではない。

そうしたなかで、社会のトレンドを牽引するファッションやエンタメの領域には、どのような変化が訪れているのだろうか――。これまでもファッションやエンタメは、テクノロジーの進化と共にその姿を変化させてきた。社会全体でテクノロジーの活用が加速する今、ファッションやエンタメの領域でも新たな流れが生まれつつあるに違いない。

そこで、TOMORUBAでは、ファッション・エンタメとデジタル技術の最前線を知るキーパーソンによる対談企画を実施。東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)のデジタル事業を担うデジタルデザイン部から下條裕之氏と浦壁沙綾氏、株式会社パルコ(以下、PARCO)からコラボレーションビジネス企画部部長 兼 パルコ都市文化研究所所長の佐藤貞行氏をお招きし、今日におけるファッション・エンタメとデジタル技術の接点について語り合ってもらった。

対談では、都市、地方、店舗、EC、フィジカル、メタバースなど、実に多様なトピックが話題にのぼり、議論が交わされた。ファッション・エンタメの現在、そして未来の姿をありありと描き出す対談となった。

記事のタイトルとURLをコピーする