【未来くりっぷ#11】役に立つサービスを生み出すために常に目的から目を離さないーー山下豊(テクニカルフィールド部門 フィールド担当)

  • 未来くりっぷ
  • 社員紹介

NTT東日本のデジタル事業に関わる人へのインタビュー11回目は、テクニカルフィールド部門の山下豊さんです。NTTデータでの業務を経てデジタルデザイン部で活躍されている山下さんは、常に目的を意識する目線を忘れずに、新しいサービスへの取り組みをされています。こうした考え方のルーツやきっかけなど、仕事への向き合い方について詳しくお話しいただきました。

俯瞰で物事を見る目を持ち続けたい「鷹」

ーー最初におうかがいしたいのは、山下さんご自身をひと言で例えるとどういった表現になりますか?

山下:そうですね、理想を込めてになりますが「鷹」でしょうか。もともと私自身が、グループの中にいても後ろから見ることや俯瞰して見るような部分があります。一方で、あまり群れない部分もありますね(笑)。

友だちと一緒にいても先頭を歩くタイプではなく、一番後ろから見ている人です。そういう意味では、周りから自分がどう見られているのかを観察してみたい思いがあるのかもしれません。

仕事面においてで言うと、1つのことに夢中になってしまう傾向があるんですよね。深みにハマっていくこともありますし(笑)。こうしたときに、一度立ち止まって「これは何のためにやっているのか?」を俯瞰的に見るように心がけています。

これはチームで動くときも、1人でやっているときも同じで、仕事がうまく進まないときは「今、これをやっていていいのか?」と冷静に見つめ直すようにしています。

ーー立ち止まって考えることを体現されるきっかけになったことはあるんでしょうか?

山下:NTTデータでの業務を経験してからですね。それまでの自分は、目の前にある仕事をこなすスタイルでずっとやってきました。NTTデータではSI業務なこともあって、対お客様の仕事がメインとなったんです。

NTT東日本では入社してから設備系の仕事を担当しており、対社内向けの仕事がほとんどでした。オーダーが決まっていることが多く、「これとこれをやってね」というリクエストに対して着実に応えていくようなイメージです。こうなると、目的ありきの話ではなく、要望があるから仕事をすることがメインストリームになってくるんですね。

一方、SI業務の仕事においては、「お客様が本当に求めることはなんだろう?」をしっかり考えることが必要になります。この点において、配属直後はかなりフィードバックをもらいました(笑)。ですが、こうしたことがきっかけで、「目の前のことをやるだけではなく、俯瞰して目的に立ち返る」という考え方へ変わりました。

「お客様に言われたから、こうした」ではなく、お客様の要望に対して自分はどうしたいのか? を当時の上司にはよく問いかけられました。最初はちょっと大変でしたが、今振り返るといい勉強になったなと思います。


当時の自分にアドバイスするなら「周りの人は意外と優しいよ」

ーー大変なことだったと思いますが、どうやって乗り越えてきたんでしょうか?

山下:周りの人たちに解決方法を相談するなど、コミュニケーションを取りながら相談しつつ進めました。周囲の人を巻き込みながらディスカッションを行い、失敗を繰り返しながらも前に進めていく。そうすることで、意見を聞く機会も増え、「こういう考え方もあるのか」という発見にも繋がりました。これによって、別の発想を持つことができるようになってきて、結果プラスになることが多いです。

自分1人で考えて結論が出せずに、「できない…」と立ち止まってしまう状況に陥りがちなんですが、そういうときこそ臆せずに周囲の人の意見を聞くべきだと思います。ですので、当時の自分に声を掛けるとするなら、「周りの人は意外と優しいよ」ですかね。助けてほしいと真摯に伝えることで、みんな協力してくれます。

当時、私自身も周囲を巻き込んで時間を使ってもらうことに抵抗があったのは事実です。ですが、自分1人で未完成な意見を出しても上司にお叱りを受けるだけの結果になるぐらいなら、最終的には時間の無駄にはならないと思うんです。

こうした俯瞰的な考え方ができるようになったことも、冒頭で表した「鷹」に共通することの1つですね。


AI経験ゼロからのスタートでもNTTデータ時代の経験が活きる

ーー山下さんが現在所属されているチームのお話を聞かせてください。

山下:現在はAIを始めとするDX技術を活用して、今実現できてないことをビジネスにつなげていく新しいサービスを作るチームに所属しています。サービスの構造から、PoCを繰り返して技術的に実現できるかを検証するチームで、13名の体制で業務に当たっています。

簡単に経歴を話しますと、NTT東日本入社後に配属されたのは外回りで故障修理に向かう部署でした。その後、設備系の保守を担当する部署を経て、NTTデータへ。NTTデータではクラウド基盤系の導入業務を担当することになり、主にMicrosoft 365の構築や導入支援に関わる仕事に就きました。

NTTデータでは新しいサービスを作る業務も担当して、クラウドサービスをうまく組み合わせて他社に提案できるものが作れないか検討していました。こうした業務においても、SaaSを検証することが目的ではなく、新しいサービスを作ることが目的なので、どうやったらいいサービスを生み出せるかをブレることなく考えるようにもなりました。

現在私はAI担当ではありますが、これまで業務でAIに触れてきたことはないんです。AIをどうやってサービス・ビジネスに結びつけるかという部分で、目的をブラさず議論・検討ができる点が、これまでの経験を発揮できるところと感じています。

社外の方々と一緒に共同研究をして新しいものを作り上げていくこともしており、こうした業務では社外の方とのコミュニケーションが重要になってきます。ですので、技術に特化する必要はなく、お客様の要望に対してどのようにAIを組み合わせるか? といった点をキャッチアップすることが求められます。


ーー仕事の向き合い方で、山下さんが意識されていることはなんでしょうか?

山下:一部、繰り返しになる部分はありますが、常に目的を意識することです。今やっている仕事の1つにデータ分析系の業務があります。インフラの点検などをデータを元にもっと効率よく運用する方法を見つけることなどです。

この業務で考えると、何の目的でデータを分析しているのかがブレてしまうと、膨大なデータがあっても意味がありません。こうした点には日頃から常に気を配っていて、社内であれば考える場を設けますし、社外や協業の方々に対してはハレーションが起きないように質問を投げかけるなどの工夫をしています。


新しいことを積極的に取り入れ臨機応変に仕事をしているDD部

ーーデジタルデザイン部の印象について教えてください。

山下:私は2021年7月からデジタルデザイン部で就業しています。デジタルデザイン部は臨機応変に仕事をしているなという印象を持っています。業務の中ではいろいろな壁が出てきますが、既存の枠にとらわれることなく、乗り越えていこうというムードがありますね。

中にいる人たちも若いですし、新しいことを取り入れるのに対しても積極的です。それを個人ではなく、組織としてやっていく姿勢もいいなと思う部分です。また、経歴もさまざまで、中途採用の方もいますし、研究畑の方もいます。いろんな意見を持っている人たちの集まりなので、いい刺激にもなりますね。

現在の業務では、自社で培ったインフラ点検の技術を社内外問わず活用してビジネスに繋げるための新しいサービスを検討しています。デジタルデザイン部では、組織として「新しいサービスを導入してなにがうれしいのか」という点をしっかり考えることも特徴的だと思います。

技術の導入だけに着目しすぎるのではなく、その先を見通した上でビジネスに繋がることを整理して取り組んでいるイメージです。もちろん、ビジネス展開できないと判断した場合は途中で終了するプロジェクトもあります。ただ、こうした場合であってもプロセスとして改善すべき点はどこか? 次に取り組むときはこうしたらもっと良くなるんじゃないか? などはしっかり検証して次に活かす姿勢がありますね。

ーー最後にこれからの展望についてお話しいただけますか。

山下:収益が上がり、役立つものを作りたい思いがあります。これはある種両輪の関係になっているとも考えていて、喜ばれて役に立つものにビジネス面の収益がついてくると考えてます。ですので、お客様自身もまだ気づいていない課題を引き出して、人に喜ばれるサービスを生み出していければいいなと。

また、目的に合った技術の提案を心がけたいです。今はAI担当ではありますが、お客様の要望をしっかりとヒアリングした上で、AIでなくてもいいと思ったときはそう提言もします。そういった意味も込めて、目的を忘れず、臨機応変に役立つサービスを生み出していきたいです。

■山下豊(テクニカルフィールド部門 フィールド担当)
2013年にNTT東日本に入社、お客様の建物内通信機器や設備を修理する業務に従事。
その後、基幹ネットワーク通信設備の24時間365日の遠隔監視修理の業務を経て、ネットワークの遠隔工事修理業務の自動化に取り組む業務を経験。
2019年よりNTTデータにてMicrosoft365を導入する業務に従事。2021年より現職。現在は、他社と協業して新たな価値となるサービスを生み出すことに取り組み中。

撮影・大塚まり
文・辻 英之


記事のタイトルとURLをコピーする