「デジタル事業」を新たな事業の柱にすることは、NTT東日本の最優先経営課題の1つです。デジタル事業の拡大を最も左右するのは人財であり、「デジタル人財を増やすためには、自社で育成するしかない」という結論に達しました。2019年4月、デジタル革新実現プロジェクトが発足し、デジタル人財育成にはどうしたらよいかを検討し始めました。   –続きはこちら(外部サイトにリンクします)–

東日本電信電話株式会社様(以降NTT東日本)は、電話とインターネット事業に次ぐ第3の柱を創設することをミッションに、2019年7月にデジタル革新本部を新規創設しました。新たにデジタル事業を創出するという大きなチャレンジに挑む、同社デジタルデザイン部担当課長の下條裕之様と浦壁沙綾様に、INITIAL Enterpriseの活用事例をお伺いしました。   –続きはこちら(外部サイトにリンクします)–