2019年7月、デジタルを活用した新規事業創出や、組織風土や人材育成の改革に取り組む新組織、デジタルデザイン部を立ち上げたNTT東日本。デジタル分野の未来を担うべく入社した新入社員30名に向け、IT人材育成を伴走する「TECH PLAY ACADEMY」により実施されたイノベーター研修。講師を務めた社外のトップイノベーターは何を語り、受講者たちは何を学んだのか。研修のレポートとともに、同社が今回の研修にこめた想いを語っていただいた。
 

-続きはこちら(外部サイトにリンクします)-

「デジタル事業」を新たな事業の柱にすることは、NTT東日本の最優先経営課題の1つです。デジタル事業の拡大を最も左右するのは人財であり、「デジタル人財を増やすためには、自社で育成するしかない」という結論に達しました。2019年4月、デジタル革新実現プロジェクトが発足し、デジタル人財育成にはどうしたらよいかを検討し始めました。

 

-続きはこちら(外部サイトにリンクします)-

去る2020年5月19日に、NTT東日本に入社した新入社員向けにAI研修が行われた。総勢45名の受講者に向けて研修の講師を努めたのは、エクサウィザーズ代表取締役社長の石山さんです。2時間超えの長丁場の研修ながら、高評価のフィードバックを得られたこの研修はどういった経緯で実現されたんでしょうか? この記事では、研修を企画したNTT東日本デジタルデザイン部の下條さんと、社長業を努めながら大学で教鞭を執る立場でもある石山さんに事後インタビューを実施。新入社員向けにAIの研修をした意図から、石山さんの人選、講師としての心がけなどを聞いてみました。

 

-続きはこちら(外部サイトにリンクします)-